しゃんてぃとは

しゃんてぃとは

「学び舎しゃんてぃ」では、お子様ひとりひとりにあった「学び」を提供します。
なぜなら、お子様の性格や成長速度は様々だからです。

集団の中では、できないことばかりが気になりがちです。
でも、どのお子さんにも「できること」があります。
しゃんてぃの個別学習は、そこから出発します。

今、わかっていることを手がかりに、課題に向き合う。
自分なりに考え、判断する。
それが「学び」だと考えます。

自分で考え「答え」を見つけ、「手ごたえ」をつかむ。
それが、「自信」となっていきます。

子どもは「できない」「わからない」を敏感に感じとり、
自信を失いあきらめてしまいます。

「やってみよう」という気持ちをどう取り戻すか。
「学びにくさ」に向き合ってきたしゃんてぃだからこそ、見える道すじがあります。

いやになってしまった気持ちを、受け止める。
折れそうになっている心を、支える。
伸びようとする力を、見守る。

どのお子さんにも、自信をつける。
それがしゃんてぃの目指す、学習です。

大手学習塾とのちがい

大手学習塾 (多くの教室をかかえるビジネスモデル)
しゃんてぃの個別指導 (「多様な学び」をめざす小さな教室)

たとえばこんなときは・・・

よくわからないなあ…と悩んでいる子どもの画像
どうしてできないの?!と怒っている母親と、びっくりしている子どもの画像

こんな状態が続いてしまうと、 お子さんはどうしていいかわからず どんどん自信をなくしてしまい…
学校や勉強のことで悩んでいる子どもの画像

やる気のない子ども、泣いている子ども、友だちからおもちゃを取り上げる子どもの画像
やる気が出せなくなったり、 いつも不安で、すぐに泣いてしまったり、 余裕がないので受け入れられなかったり…

お子さんが「わかる」ように伝え、 「できたらほめる」を続けると… 安心して「学ぶ」ことができ 自信がついて、学びが楽しくなり、 コツコツと努力して力をつみあげることが できるようになります。
やる気を出して机に向かい勉強する子どもの画像

しゃんてぃ 講師紹介

東 美希(あずま みき)

学び舎しゃんてぃ・代表  /  PRISM~多様な学びをあたりまえに~・代表 / ライター(教育分野)


早稲田大学教育学部卒、教員免許取得。日本LD学会会員。ねりま子育てネットワーク団体会員。

関西生まれ、九州育ち。
「子ども」と「教育」に関心があり、大学では「教育学」を専攻。

「いきいきとした学び」にこだわり、野外教育施設、教育専門の新聞社、青少年のボランティア活動推進機関、リーダーシップ教育を行うNPOに携わる。

その後、発達の気になる子どもたちを対象にした民間教育機関に勤務。
講師として200人以上の子どもたちに出会う。

2014年4月、身近なところで子どもの成長を一緒に見守っていくような教室を、と「学び舎しゃんてぃ」をスタート。
「苦手」のある子どもたちへの理解を広げ、のびのびと成長できる環境をつくっていくことをめざして、2015年12月に「PRISM~多様な学びをあたりまえに~」を立ち上げ、講演会や勉強会を開催している。

しゃんてぃ講師 東 美希(あずま みき)の画像

お子さんの発達・学習について「しゃんてぃ」での取り組みなどお気軽にお問い合わせください。